AMG Solution

初心者でもできた! 10周年パーティーでブレイクタイムの1分動画を作った話

こんにちは、樋口です。
 
先月、弊社AMG Solutionの10周年パーティが帝国ホテルで開催されました。社員全員で各役割を分担し、すごく素晴らしいパーティーを実現できました。その中で私は、パーティー内で複数回に分けて流される1分動画の作成を担当しました。動画の作成は初心者で、わからない事ばかりで苦労をしました。
 
今回は、Adobe Premiere Pro 2019を使用しながら、初心者ながらがんばって作り上げた1分動画の作成過程についてご紹介します。

動画の方向性を決める

初めに1分動画で作成する題材を決めていきます。題材を決めるにあたり、以下の3つの候補をだしどれにするか凄く悩みました。

  • 面白い系
  • 真面目系
  • 感動系

悩んだ結果、「真面目系」「感動系」を初心者が作れるわけがないと判断しました。なので今回は、「面白い系」の動画に絞って作成していくことに決めました。

世の中の動画を閲覧

次に、世の中の素晴らしい動画をいろいろと参考にしてみました。どれも素晴らしく、自分がマネできるものではありません。
 
正直諦めかけていた時に、ある動画を閲覧しました。紙芝居風にキャラクター(静止画)が会話していくものです。
 
弊社コンテンツの  システムエンジニア能力診断 の中で、登場するキャラクターを使って、面白い動画ができるのではないかと考えました。
 
そしたら自然と、イメージが沸き上がってきて面白い動画の構想ができてきました。

背景をつくてみる


 
初めに、背景となる画像を作成しました。黒背景とキャラクターを並べた画像です。今回は、賢者と勇者の二人に協力してもらいました。

Adobe Premiere Pro 2019で動画作成

背景を作成したら次に、その背景をAdobe Premiere Pro 2019で読み込みを行います。
 

 

 

 
写真読み込み後、次にキャラクター同士がしゃべる文字を追加していきます。
 

 

 
キャラクターがしゃべっているように見える位置に、文字を移動します。
 

 
そして以下のようなキャラ同士の会話の流れを作成しました。
 

 
本番では、上記の動画を元に席替えの動画を作成しました。想像以上に、みんながうけてくれて嬉しかったです。

まとめ

動画作成は初めてでしたが、なんとなく作りたいイメージを固めて最後までやりきる熱意があればどうにかなりました。
 
Adobe Premiere Pro 2019がとても使いやすく、作成に大いに役立ってくれました。今後も、Adobe Premiere Pro 2019を使用した動画の作成をしていきたいと思います。
 
 
 
 
《関連記事》

HIGUCHI'S BLOG

樋口一成の記事

樋口一成の記事の最新情報をお届けいたします。

SAME CATEGORY BLOG

この記事と同様のカテゴリー記事

新卒採用
はじめました。
LOADING