AMG Solution

1年間で一番発電するのは何月? 再エネ認定の9割を占める太陽光発電のメリット

こんにちは。グローバルエンジニアリングの落石です。

今回のテーマは太陽光発電になります。

2017年5月

登場人物紹介
バル男 (男):エネルギー会社(グローバル)へ中途入社。2年目
リン子 (女):エネルギー関連に通じており、バル男の指導係

リン子:
「バル男くん、5月が終わって6月になったわね」

「太陽光発電の設置導入が進んでいるけど、1年で一番発電するのは何月かわかる?」

バル男:
「もちろんです! 8月ですよね!」

リン子:
「違うわよ」

バル男:
「7月!」

リン子:
「不正解~。正解は5月よ」

「7、8月は暑さで発電量が下がるのと、日照時間が長いことから5月なの」

バル男:
「ちょっと意外ですね」

「最近、FIT制度(再エネ固定価格買取制度)で、太陽光の買取価格が下がってきてると聞きましたよ」

リン子:
「そうね、再エネ認定の9割が太陽光に偏っているなどの問題が顕在化してきているから、導入インセンティブとなる買取価格は下がっているの」

バル男:
「そうみたいですね」

「最近は太陽光もFITでなく、自家消費での設置がクローズアップされていると聞きましたよ」

リン子:
「そうね」

「一つは再エネが普及したことで、『再エネ賦課金』が毎年高くなっていることが言えるわね」

バル男:
「0.35円/kWhで始まった制度ですけど、もう今は2.64円/kWhでさらに毎年上がって電気料金が上昇していますよね」

「自家消費で発電した電力にはその費用がかからないから、それが導入メリットにつながっているということですね!」

リン子:
「そうよ!」

「最近は補助金もあって、蓄電池で太陽光をためることも出来て、発電分をCO2クレジット化して販売したり、環境価値として自社で活用したりすることも出来るの」

バル男:
「再エネのなかでも、太陽光はいち早く独り立ちしてきているということですね!」

「私も頑張って独り立ちしますよ!」

《関連記事》
4月に創設されるネガワット取引市場! ディマンドリスポンスの取引全体図はどうなってるの?
これからは蓄電池の時代!? 蓄電池のいろいろな使い方!
新電力の時代は始まったばかり! これからのシェア拡大に期待!
2017年4月1日から始まったネガワット取引! 仕組みを簡単にご紹介します
省エネ設備の導入でCO2を削減するとクレジットになる!? J-クレジット制度とは
OpenADR2.0b 認証モジュール CODE-ADReオフィシャルサイト

OCHIISHI'S BLOG

落石良二の記事

落石良二の記事の最新情報をお届けいたします。

SAME CATEGORY BLOG

この記事と同様のカテゴリー記事

LOADING