AMG Solution

未経験からシステムエンジニアに転職! AMGを選んだわたしの体験談

 
こんにちは。今年4月にAMG Solutionに入社しました、林です。
4月入社ですが、新卒ではありません。実は社会人経験〇年目です。

とは言っても、AMGではぴかぴかの新人1年生。
これからたくさん勉強して、一人前のSE目指して頑張ります。

さて今回は、転職活動からAMG入社までの経緯をお伝えしたいと思います。
こんな転活経験もあるんですよ。

SEを目指すことにしたきっかけは?

pc
前職では歯科助手をしていました。
歯医者さんで治療するとき、お口の中に水が溜まったら吸ってくれる人です。
もちろん仕事はそれだけではありませんでしたよ。

歯科業界にいた人間がなぜIT業界? と思いますよね。
実は大学時代の就活ではIT業界を中心に活動していました。

もともとPCをいじるのが好きで、高校は商業高校に進み、プログラミングや情報処理などの勉強をしていました。
高校ではCOBOLを、大学も選択科目でC言語を学びました。思い出すと懐かしいです。
ただ、残念ながら当時良いご縁はありませんでした。

そんな経緯もあり、今回転職するにあたってどんな仕事をしたいのかを考えたとき、もう一度IT業界を目指したいと思ったことが一番のきっかけでした。

SEって大変じゃない?

女性の転職活動となると、選ばれる職種として多いのは事務職かと思います。
私も最初は視野に入れていました。

事務職とSE職、もちろんそれぞれに大変さはあれど、イメージ的にSE職の方がハードなのでは・・・。
大学を卒業してから専門的に勉強していたわけでもないのに、自分にできるだろうか?

そんな不安ももちろんありました。

それでもIT業界を、SEになることを目指したのは、自身のスキルアップを図りたいとも思ったからです。

今回の転職活動は、自分にとって人生の転換期。
今後の自分はどうありたいかを考えてみました。

私の結論は、スキルアップしたい、常に目標を持ちながら仕事がしたい、でした。

そうしてSEになることを目指すべく、転職活動をスタートしました。

AMGの内定が決まりました!

そして出会った会社がAMG Solution。

平日は仕事のため、休日に面接をしてくれる企業となかなか巡り合えない中、お休みにもかかわらず面接を行ってくださったのがAMGでした。

そうして内定をいただき、入社を決意した一番の決め手は社長や役員の方々との距離が近いと感じたからです。

代表取締役の青柳さんと取締役の上野さんに面接をしていただいて、お話しした雰囲気、職場環境含め、距離感の近さに魅力を感じました。

もともと会社の一体性を重視していたので、フットサル活動やLT会といったイベントを行っている点も含め、役員の方々、社員間のコミュニケーションのフットワークの軽さは私の希望とマッチしていました。

弊社の行っている社内活動については、ぜひ下記ブログをご覧になってみてください。
【AMGLT Vol.2】社内LT大会をまた開催しました【2015年まとめ】 AMG下半期7月から12月の思い出

入社のための準備ってありますよね

-shared-img-thumb-PAK15_notepenhikkiyougu20140312_TP_V
さて、めでたくAMGへの入社が決定した私。
ですが喜びに浸り続けている場合ではありませんね。

なぜかというと、そう、内定者研修があるのです。
どこの企業さんでもありますね。

AMGの研修は主にビジネスマナーと技術研修を行っています。
2016年度新卒必見!2015年度内定者研修まとめ

本来なら会社に赴き行うものですが、私の場合は違いました。
というのも、ぎりぎりまで前職のお仕事があったため。

ではどのように研修を行っていたのか?
ひとことで言うなら、通信制の研修をしていただきました。

事前にテキストと課題を送っていただき、課題をメールにて提出、それについて不明な点があるときは電話にて解説していただく、という方法でした。

その電話も土日にしていただくので、研修を担当していただいた先輩ももちろんお休みの日。
休日に時間をいただいて丁寧に説明をしていただけるなんて、とてもありがたいことです。

メールでの提出課題に対するレスポンスも早く、間違いについての検証もスムーズに行うことができました。

祝!AMG入社、そしてこれから

sakura
転職活動、内定者研修とステップを踏んできましたが、今やっとスタートラインに立ったところ。

AMGに入社して早1ヶ月半。当然ですが、毎日知らないことの連続です。
思うようにいかないことの方が多く、それに悲観することもあります。

けれども、日々新しいことを知り、少しでもできることが増えるととても嬉しくも感じます。
そんな喜びがあるとさらに頑張れるものですよね。

なんていろいろと語ったところで、1年生の初語りはこれにておしまいです。
また次回。

HAYASHI'S BLOG

林の記事

林の記事の最新情報をお届けいたします。

SAME CATEGORY BLOG

この記事と同様のカテゴリー記事

新卒採用
はじめました。
LOADING