AMG Solution

MOS Excel試験対策! これだけは覚えておきたいExcelで出題される関数ベストイレブン

 
どうもこんにちは。三宮です。

就職活動に有利! と言われて思いつく資格といえば、Microsoft Office Specialist(MOS)ではないでしょうか。
その中でもExcelは特に人気がありますよね。

今回はMOSのExcelで絶対に出題される関数問題について、押さえておくべき関数を紹介します。

SUM関数     出題頻度レベル:★★★

読み方はTRFのあの方と同じです。

引数に含まれる数値の合計値を出力する。

SUM(数値1, 数値2・・・)
※引数には、対象のセル、セル範囲、数値などを指定

例)B1, B2, B3のセルの合計値を出力
解答1:SUM(B1, B2, B3)
解答2:SUM(B1:B3)

AVERAGE関数     出題頻度レベル:★★★

平均レベルになんて留まりたくないですよね。

引数に含まれる数値の平均値を出力する。

AVERAGE(数値1, 数値2・・・)
※引数には、対象のセル、セル範囲、数値などを指定

例)B1, B2, B3のセルの平均値を出力
解答1:AVERAGE(B1, B2, B3)
解答2:AVERAGE(B1:B3)

MAX関数     出題頻度レベル:★★★

4人組のグループではないほうのマックスです。

引数に含まれる数値の最大値を出力する。

MAX(数値1, 数値2・・・)
※引数には、対象のセル、セル範囲、数値などを指定

例)B1, B2, B3のセルの最大値を出力
解答1:MAX(B1, B2, B3)
解答2:MAX(B1:B3)

MIN関数     出題頻度レベル:★★★

ミン(Min)というエジプト神話の神様がいることを初めて知りました。

引数に含まれる数値の最小値を出力する。

MIN(数値1, 数値2・・・)
※引数には、対象のセル、セル範囲、数値などを指定

例)B1, B2, B3のセルの最大値を出力
解答1:MIN(B1, B2, B3)
解答2:MIN(B1:B3)

COUNT関数     出題頻度レベル:★★★

すべてを数えてくれません。

引数に含まれる”数値”の個数を出力する。
【注意】この時”文字列”は個数に含まれません。

COUNT(数値1, 数値2・・・)
※引数には、対象のセル、セル範囲、数値などを指定

例)B1, B2, B3のセルの最大値を出力
解答1:COUNT(B1, B2, B3)
解答2:COUNT(B1:B3)

COUNTA関数     出題頻度レベル:★★☆

COUNTA「COUNTとは違うのだよ、COUNTとは!」

引数に含まれるデータ(数値及び文字列)の個数を出力する。

COUNTA(数値1, 数値2・・・)
※引数には、対象のセル、セル範囲、数値、文字列などを指定

例)B1, B2, B3のセルの最大値を出力
解答1:COUNTA(B1, B2, B3)
解答2:COUNTA(B1:B3)

IF関数     出題頻度レベル:★★★

チェコ代表のチェフではないです。

論理式の結果に応じて、論理式が真(TRUE)の場合、偽(FALSE)の場合の値をそれぞれ出力する。

IF(論理式, 真の場合, 偽の場合)

例)A1のセルが1以上の場合A2のセルの値を、そうでない場合は”間違い”の文字列を出力
解答:IF(A1>=1, A2, “間違い”)

AND関数     出題頻度レベル:★★★

あれもこれも満たさないと満足しない完璧主義なやつ。

指定した論理式を全て満たす場合TRUEを、そうでない場合FALSEを出力する。

AND(論理式1, 論理式2, ・・・)

例)A1のセルが1以上且つA2のセルが10未満の場合TRUEを、そうでない場合FALSEを出力
解答:AND(A1>=1, A2<10)

OR関数     出題頻度レベル:★★★

何かが満たせれていれば、何も言うことはない。

指定した論理式のどれか一つでも満たす場合TRUEを、そうでない場合FALSEを出力する。

OR(論理式1, 論理式2, ・・・)

例)A1のセルが1以上またはA2のセルが10未満の場合TRUEを、そうでない場合FALSEを出力
解答:OR(A1>=1, A2<10)

NOT関数     出題頻度レベル:★★☆

否定から見えることもあるはず。

論理式が真(TRUE)の場合FALSEを、そうでない場合TRUEを出力する。

NOT(論理式)

例)A1のセルが1以上場合FALSEを、そうでない場合TRUEを出力
解答:NOT(A1>=1)

IFERROR関数     出題頻度レベル:★☆☆

もしもの話だとしてもエラーなんて起こしたくない。

数式がエラーの場合指定の値を、そうでない場合数式の結果を出力する。

IFERROR(数式, エラーの場合)

例)A1, A2のセル合計がエラーの場合”エラー”文字列を、そうでない場合A1, A2のセル合計を出力
解答:IFERROR(SUM(A1, A2), “エラー”)

最後に

いかがでしたでしょうか。
基本的な所ですが、必ず出題される問題ですのでしっかり覚えてテストに備えましょう。

それではまた。

SANNOMIYA'S BLOG

三宮大輝の記事

三宮大輝の記事の最新情報をお届けいたします。

SAME CATEGORY BLOG

この記事と同様のカテゴリー記事

新卒採用
はじめました。
LOADING