AMG Solution

大人もいっしょに楽しめる! 男の子向けおすすめ絵本まとめ

 
こんにちは、上野です。
 
シルバーウィークの時に、社員のおすすめの本を紹介させて頂きました。
 
読書の秋到来! AMG社員がオススメする「俺の一冊」(上)
読書の秋到来! AMG社員がオススメする「俺の一冊」(下)
 
その中で絵本の紹介もありましたが、今回は私が選ぶおすすめ絵本を紹介したいと思います。
我が家には3歳の息子がいるので、どちらかと言えば男の向けです。
 
 

からすのパンやさん

51XNT8Y6HWL._SX387_BO1, 204, 203, 200_

からすのパンやさん

 
この本は私が保育園児の頃に読んでました。
先生が読んでくれるのが待ち遠しかったのを覚えてます。
 
見開きでたくさんのパンが載ってるページが好きで、そのページをずーっと見てました。
息子にも絶対に読んでほしくて、1歳くらいに買いました。
親のエゴですが、息子も好きで読んでます。
 
近年では続編も発表されています。
この本は男女問わず楽しめると思います。
かこさとしさんの作品は他にもおもしろい本が多いのでおすすめです。
 
 
 

にじいろのさかな

510X3F6W82L._SX350_BO1, 204, 203, 200_

にじいろのさかな

 
この本はプレゼントで頂いたのですが、息子のお気に入りです。
にじいろのさかなのイラストは鱗にホログラムのシールがついていてキレイです。
 
3歳くらいだと、お友達とおもちゃの取り合いをしてしまうんですが、
ただ、「おもちゃ貸してあげなさい」と言ってもなかなか聞いてくれません。
ですが、「にじいろのさかなみたいに、みんなで遊んだ方が楽しいよ」って言うと
なんとなく理解してくれるようになりました。
「絵本から道徳心を養えるんだな」って実感した本です。
 
 
 

ギフトボックス100かいだてのいえ

61vkdEu-9mL._SY358_BO1, 204, 203, 200_

ギフトボックス100かいだてのいえ

 
この本もプレゼントで頂きました。
ギフトボックスなので「100かいだてのいえシリーズ」の3冊セットです。
 
イラストがかわいいので、子供は見ていて飽きないようです。
個別での販売もしているので、まずは1冊読んでみて、気にいったら他のシリーズも読んでみてください。
個人的には「うみの100かいだてのいえ」が好きです。
 
 
 

マップス: 新・世界図絵

61kEoajUe+L._SX361_BO1, 204, 203, 200_

マップス: 新・世界図絵

 
この本は本屋さんでみつけて、子供より私が食いついてしまいました。
ポーランドの絵本で、世界の国々をかわいいイラストで紹介しているのですが、
その国の文化や料理、産業なども描かれていて、大人が見ていても飽きません。

名前は知ってるけど、どこにあるかわからない国って結構多いので、いっしょに読んでて勉強になります。
まだ掲載されていない国もあるので、続編を期待してます。
 
 
 

輪切り図鑑 クロスセクション―有名な18の建物や乗物の内部を見る

61eioEVrkRL._SX380_BO1, 204, 203, 200_

輪切り図鑑 クロスセクション―有名な18の建物や乗物の内部を見る

 
タイトルどおり、船や飛行機、戦車などの乗り物や、お城、オペラハウス、エンパイアステートビルまで輪切りにして内部が見れる絵本です。

精緻なイラストで細部まで描かれており、大人でも充分楽しめます。
というか我が家では、私が楽しんでます。
男の子はきっとこういうの好きなので先行投資です。
小学生くらいになったら、おもしろさがわかると思います。
 
 
 

絵で見るある町の歴史―タイムトラベラーと旅する12, 000年

611MVATY9SL._SY357_BO1, 204, 203, 200_

絵で見るある町の歴史―タイムトラベラーと旅する12, 000年

 
この本は完全に私が欲しくて購入しました。
川岸の街を12, 000年かけて定点観測したという設定の絵本です。
ページをめくる毎に時代が変化していき、時代毎の生活形態を観察できます。
 
正直、3歳児にはちょっと難しいですが、各時代にタイムトラベラーが
描かれていて、ウォーリーをさがせ!的な要素で楽しんでます。
小学校高学年くらいでも楽しめると思います。
 
 
 

まとめ

気付いた方もいるかと思いますが、今回紹介した絵本、価格が高いです。。。
子供と本屋さんへ行った時に、自分の欲しい本より高額で驚きました。
なので、購入するなら誕生日などの特別な日がおすすめです。

また、プレゼントしても喜ばれると思います。
図書館にもあるので是非、探してみてください。
 

UENO'S BLOG

上野将幸の記事

上野将幸の記事の最新情報をお届けいたします。

SAME CATEGORY BLOG

この記事と同様のカテゴリー記事

新卒採用
はじめました。
LOADING