AMG Solution

【PHPをふわっと語りたい人のための入門講座】 ものすごく簡単な文字列出力

このブログでは、PHPを始めようと考えている方が少しでもわかりやすく理解できるように、ふわっと優しく勉強していきます!

今回は、echo/printを使用した簡単な文字列出力処理方法について勉強していきます。

echo 文字出力

PHPでの文字出力方法のひとつechoについて説明します。
echoは関数ではなく、言語構造のため呼び出すときに、かっこで文字列を囲う必要はありません。

関数名
echo
解説
1 つ以上の文字列を出力する言語構造
戻り値
なし

echo文字出力サンプル

出力結果
hoge1

出力ソース
hoge1-1

連続して文字を出力すると改行されずに表示されてしまうため、echoの終わりに“</br>”を付け加えることによって改行ができます。

echo改行文字出力サンプル

出力結果
hoge2

出力ソース
hoge2-1

echoでは、上記サンプル12行目のようにカンマ区切りで複数の文字列を渡すことによって、連結文字列として出力することができます。

print文字出力

次に今回もう一つの文字出力方法、printについて説明します。
print関数も、言語構造のため呼び出し時にかっこで囲う必要はありません。

関数名
print
解説
文字列を出力する言語構造
戻り値
常に 1 を返却

print文字出力サンプル

出力結果
hoge3

出力ソース
hoge3-1

また、printも連続して文字出力を行うと改行されずに表示されてしまうため、echo同様に“</br>”を付けることにより改行ができます。

print改行文字出力サンプル

出力結果
hoge4

出力ソース
hoge4-2

次回

いかがでしたか?
今回はPHPの文字出力方法について解説していきました。
今後少しずつ難しくなっていきますが、頑張ってふわっと語れるようになっていきましょう!

次回は、フォーマットを使用しての文字出力方法について解説させて頂きます。

《関連記事》
【PHPをふわっと語りたい人のための入門講座】 PHPのゆるっとした基礎知識について

HIGUCHI'S BLOG

樋口一成の記事

樋口一成の記事の最新情報をお届けいたします。

SAME CATEGORY BLOG

この記事と同様のカテゴリー記事

新卒採用
はじめました。
LOADING