AMG Solution

【PHPをふわっと語りたい人のための入門講座】 PHPのゆるっとした基礎知識について

 
このブログでは、PHPを始めようと考えている方が少しでもわかりやすく理解できるように、ふわっと優しく勉強していきます!

今回は、PHPでの開発をするにあたって必要となる基礎知識について勉強していきます。

PHP概要

PHPとは、WEBページ作成に特化した言語仕様がわかりやすい言語です。
基本的に、PHPはHTMLに埋め込んで使用します。

HTMLとの違いは、WEBページを閲覧しているユーザーからデータの受け渡しができ、そのデータを使用して様々な処理を行える点です。

PHP作成ページ例

  • お問い合わせフォーム
  • チャット
  • 掲示板
  • ショッピングサイト

PHPでは静的ページだけでは実現できない、動的なバックグラウンド処理を行えるようになります。

PHPが使われる理由

PHPが現在多くのWEBページで使用される理由をあげてみました。

メリット

  • WEB開発に特化された言語
  • HTMLとの相性がいい
  • DB連携が簡単
  • クッキーへのアクセスが行える
  • オープンソースのフレームワークやライブラリが豊富

あげた物を見るとわかるように、WEB開発に必要なDB接続・クッキー操作などが簡単に行えます。
また、ライブラリーが多く存在するため、様々なシステムに適応できるという利点もあります。

PHP記載方法

概要で説明したように、PHPはHTMLページに埋め込んで使用します。
ここで、実際にPHPプログラムをHTMLに埋め込んだサンプルを書いてみます。

初めてのPHP

出力結果
hellow1
出力ソース
hellow1-1

PHPプログラムの開始と終了は、「<?php」~「?>」となります。
また、他にもPHPの開始と終了の宣言には下記の種類があります。

PHP記載方法

  • <script langage=”php”> …. </script>
  • <? …. ?>
  • <% …. %>

一般的にサンプルで使用した、「<?php」~「?>」の形式が主流なので、このブログ内では「<?php」~「?>」の形式を使用していきます。

空白表示

PHPプログラム内では、プログラム内の空白文字は”無視”されます。
例えば下記のようにプログラムを作成しても、結果に影響はありません。

空白サンプル

出力結果
hellow2
出力ソース
hellow2-1

空白を入れることによってプログラムに影響はありませんが、見た目が悪いことによるデメリットが多いため、できる限りインデントのそろっていない書き方は避けたほうがいいでしょう。

コメント

PHPでは、プログラムに読み込まれないコメントを入れることができます。
記載方法には下記パターンがあります。

コメント記載方法

  • // コメント
  • /* コメント */
  • # コメント

コメントサンプル

出力結果
hellow3
出力ソース
hellow3-1

次回

いかがでしたでしょうか?
初回は、PHPの基本について勉強していきました。
ふわっと雰囲気を理解していただけたら嬉しいです!

次回は、文字列の出力方法について解説していきます。

HIGUCHI'S BLOG

樋口一成の記事

樋口一成の記事の最新情報をお届けいたします。

SAME CATEGORY BLOG

この記事と同様のカテゴリー記事

新卒採用
はじめました。
LOADING