AMG Solution

【AWS活用術】取得したドメインをAWSに紐づける(Route53)

Amazon Route 53
feels

こんにちは。ぐっさんです。
 
Webアプリケーション開発では、必ずでてくるサーバーですが、ほとんどがクラウドサービスの利用となっています。そこで、今回はAWSで環境を構築していく方法をご紹介したいと思います。
 
今回のテーマは、取得したドメインをロードバランサーに設定する方法をご紹介します。
 
Webサイトやアプリケーションを公開する際に、ドメインを取得して公開することになると思います。その際に、アクセスが多くなってきたタイミングで容易にサーバーを増やして対応することができるよう、ロードバランサーを使って、冗長化をしてみます。

【事前準備】ドメインの取得

まずは、ドメインを取得します。公開するWebアプリケーションに適したドメインを取得します。
 
ドメインはAWSでも取得できますが、少し割高です。ドメインを取得できる お名前.com や ムームードメイン などで、どちらで取得していただいても問題ありません。

【ホストゾーンの作成】Route53設定

AWSのコンソールより、Route53のサブメニューからホストゾーンを選択します。ホストゾーンの一覧の右上にある「ホストゾーンの作成」のボタンをクリックすると、下記のホストゾーンの作成画面が表示されます。
 
対象のドメインを入力し、外部へWebアプリケーションを公開するため、「パブリックホストゾーン」を選択します。
 
ホストゾーンの作成
 
「ホストゾーンの作成」をクリックするとホストゾーンが作成され、作成したホストゾーンを確認すると2つのレコードが自動生成されます。
 
ホストゾーンの確認

【ドメインの設定】ドメインとAWSのRoute53を紐づける

ドメインとRoute53を紐づけるため、ドメインを取得したサービス内にネームサーバーの設定というメニューがあると思います。個社ごとに場所が違うと思いますので、探してみてください。
 
そこに先ほど作成したホストゾーンに2つのレコードが生成されていましたが、NSというレコードの設定をネームサーバーに設定します。
 
ドメインを取得したサービス内でネームサーバーを設定すると紐づけが完了です。反映に時間がかかりますが、ドメインとネームサーバーが紐づいているかコマンドプロンプトで確認できます。
 
■ 紐づいている場合

 
■ 紐づいていない場合

まとめ

いかがでしたでしょうか。
 
取得したドメインをAWSに紐づける方法をご紹介しました。AWSには多くのサービスが用意されていますので、ぜひ試してみてください。
 
それでは、良いサーバーライフを。
 
 
 
 
《関連記事》

feels recruit

YAMAGUCHI'S BLOG

山口博史の記事

山口博史の記事の最新情報をお届けいたします。

SAME CATEGORY BLOG

この記事と同様のカテゴリー記事

feelsでSFA・CRM
はじめました。
LOADING