AMG Solution

伸びしろですね! CODEMATICのこれからについて、ぐっさんダビッドソンに聞いてみた。

(電話が鳴る)
 
はい、もしもし。株式会社AMG Solution、CODEMATICサポート係の山口です。
 
はい?
 
あ、お買い求めになったCODEMATICの契約期限切れた? あ、それは大変申し訳……
 
davidson1
どうしてくれるんだ?
 
ま、そうですね。
 
今回、こういった形で、契約期限が切れたっていうのをまず、ポジティブにとらえる! そして強い気持ちでさらに、売り上げを上げていくのが、大事になってくるんじゃないかと、思いますね!
 
以上です。
 
 
(また電話が鳴る)
 
はい? あ、さきほどの。
 
davidson2
切ってんじゃねえ?
 
絶対に日本のプログラム自動生成という市場で、NO.1になるんだという強い気持ちを、一度も切らしたことは……
 
あ、電話のことですか。
 
あ、CODEMATICの件で具体的にですか。
 
davidson3
ま、そうですね。
 
ま、これは僕も含めての話なんですけど、まず一人一人が、CODEMATICと向き合う!
 
ベースプロジェクトの精度を上げる情熱は足りていたのか? CODEMATIC担当の堀部と都築はきっちりとコミュニケーションが取れていたのか? それを繰り返すことで、CODEMATICの精度は伸びてくるんじゃないかと……
 
確信してますね!
 
以上です。
 
 
(また電話が鳴る)
 
davidson4
はい? ザッケローニですか?
 
ざけんなよって言ったんですね。あ、失礼しました。
 
あ、気持ちではなく、何をするかですか。ま、そうですね。やはりまずはメンバー全員の個人の能力、いわゆる、個を高める。
 
個というのは、たとえば営業は、商談のスピードを上げるだけでなく、なかなか契約に至らない客に常にプレッシャーを与えるように努める。
 
Java版担当の井上は、現時点では対応していないSQLServerやMySQLを要望される客が来ることを常に想定し、逆にSQLServerやMySQLを先に対応してしまうという、フェイントを覚える。
 
それを繰り返した結果、また同じことが起こったら、それって何かわかりますか?
 
davidson5
伸びしろですね!
 
 
(また電話が)
 
しつこいなあ! 夜中の2時やぞ。
 
davidson6
あ、こっちイタリア街の時間やった。
 
davidson7
はい? ACミランですか?
 
あ、話にならんですか!
 
そういうんだったら、言わしてもらいますけど契約期限って、自分で決めるもんやと思うんですね。
 
人が決めた限界は限界じゃない! あえて一回ジェネレートしてみる!
 
もしジェネレートできなかったとしたとしたら、それが今のお客さんのレベル!
 
davidson8
今回の件はそれを知る、ビッグチャンスやと思いますね。
 
お客さんの心の中の「リトルお客さん」もそう……
 
davidson9
電話切れた!

まとめ

CODEMATICはこれからも進化し続けます。
 
davidson10
 
 
 
 
《関連記事》

AOYAGI'S BLOG

青栁雄飛の記事

青栁雄飛の記事の最新情報をお届けいたします。

SAME CATEGORY BLOG

この記事と同様のカテゴリー記事

新卒採用
はじめました。
LOADING