AMG Solution

アウェー営業マンが偉そうに語ってみる!エンジニアに必要な営業スキル【顧客満足度を上げる編】

 

顧客満足度を上げるために必要なもう一歩

システムアプリケーションを作り、そして顧客に満足をしてもらう上で
重要なのは当然そのシステムで何をするのか?を、より深く理解してるかにかかってます。
 
業務を理解し、その流れや操作を実現するシステムアプリケーションを作ることが顧客満足度に繋がります。
 
でもたぶん、それでは足りません。
 
もっと広い視野で、その顧客が商いをしているビジネス全体を知る必要があると思います。
 

 

顧客満足度とは?

いろんなビジネス本や、諸先輩方の金言に耳を澄ますと呪文のように出てくる言葉、それが
 
顧客満足度です。

読んで字のごとく、お客さんを満足させる度合のことです。
お金をもらってシステムを作っている以上、顧客はその支払いに見合った価値を出来上がったシステムに求めます。
 
当然です。
 
ただし、システム開発においてはこの満足度の充足が大変に難しい…。
 
なぜならシステムアプリケーションほど、最初に使いずらいイメージを抱きやすい納品物はないからです。
 
今まで当たり前のように出来ていたルーティーンワークを、一旦システムなるものに合わせて
作業しなきゃいけない時間を必要とします。
 

要するに “ 慣れ ” ですね。
 
さらに、人間がやっていた細かい作業すべて ( 作業者の長年の勘所も ) を
システム上で表現することは難しく、どうしても作業してる人からシステムに合わせて
もらう必要があります。
 
だったら、システムなんて使う事がそもそも無駄じゃないか議論がありますがそんなことはありません。
 
我々、システム開発会社はそれじゃあ成り立ちません。
 
最初はめんどくさくても、業務の流れを少し修正してもらっても
それをやってもらう価値がある、
それ以上の価値が感じられるシステムを作ることを目指し、
そして実現しています。

 
 
 
顧客満足度をより高く感じてもらうために、システムエンジニアももちろん日々、考えながら開発をしていると思います。
 
できる開発者なら、顧客の現場担当者とたくさんコミュニケーションをとり
会話を重ね、イメージを共有して物を作ります。
 
顧客の業務をより深く理解し、システム上でそれをどうすれば再現し
また使い勝手のよい動きを実現できるか頭を悩ませてるでしょう。
 
そのかけた時間の量こそが、明日の顧客満足度につながるのです!
 
 
(決まった)
 
高校生の夏の大会みたいですね…。
 

 

顧客のビジネス全体を理解して、そのエッセンスを組み込む

ただし、昨今のビジネススピードはものすごい速さで進んでいます。
 
朝令暮改なんて言葉は死語になりつつあるように、今日起きたことが明日も起こるとは限りません。
 
そのスピードを支えるシステムアプリケーションだって
同じようにそれに対応できるシステムであった方が顧客にメリットがあるはずです。
 
ただ悲しいかな、システム開発はそんな短時間でがらりと仕様を変えられるほど、簡単な作業ではありません。
 
そんな事みなさんが一番ご存じ!(笑)
 

じゃあどうするか?
 
顧客でもまだ業務上に必要として無い機能をこちらから先を読んで提案をする。
 
もしくは、顧客側で変更があった時にすぐに対応することを容易にする
システムアプリケーションの提案をするという事です。
 
その為には、顧客のひとつの業務だけではなくその企業がどこに向かおうとしてるのか
どの様な戦略、そのような事業の計画で進もうとしてるのかをなるべく多く知り、
深く理解をしようとする必要があります。
 

もちろん簡単な事ではありません。
 
ただでさえコストを落とされ、予算を削られて納期だって短くなってるこんな世の中で
わざわざ視野を広げて、より時間をかけてそんなことをしてる余裕もないことは百も承知です。
 
(ほんとに、大変…)
 
でも、やっぱりその視点で見る努力をすることが先の顧客満足度に繋がり
他社との差別化を生み、自社の強みになるのです。
 
もっともっと顧客満足度を上げる思考を常に持ちましょう。
 
ほな。
 

《関連記事》
アウェー営業マンが偉そうに語ってみる! エンジニアに必要な営業スキル

IKEJIRI'S BLOG

池尻太郎の記事

池尻太郎の記事の最新情報をお届けいたします。

SAME CATEGORY BLOG

この記事と同様のカテゴリー記事

新卒採用
はじめました。
LOADING