AMG Solution

可能性は無限大? チームをテーマに社内プレゼンを行いました!

こんにちは、皆地です。
 
AMGでは”チーム”という形式で組織形成が行われています。私が所属するチーム三宮では、チーム活動を積極的に行うことで色々とプラスの成果が出ています。
 
今回は、チーム三宮の活動内容を社内に共有した際の様子をお伝えします! チーム活動はAMGの考え方をベースとして行っているものでもあるため、AMGとはどんな会社なのか、という目線でもお読みいただければと思います!

チームメンバー

三宮さん
チームリーダーでみんなのまとめ役。今回は見守り人として参加
樋口さん
情熱溢れるサブリーダー。チーム発表のメンターとして、助言をいただきました。
昼間さん
AMG随一の画伯。今回は昼間さんのアイデアでワークショップも実施しました。
廣田さん
AMGの優しさ担当。今回はスケジュールなどの調整を担当
皆地
チーム最若手。今回はプレゼンを担当。

今回は、昼間さん、廣田さん、皆地が主体となりプレゼンを実施しました。

なぜ行ったのか?

目的は2つあります。

  1. 自分のチームが活動を行うことでポジティブな成果が出てきているため、社内へ共有したい
  2. 他チームがチーム活動を開始するきっかけとなってほしい

まずは、今回作成したプレゼン用の資料をご紹介します。

メッセージ

メッセージは、全員がAMGブランドの体現者になるです。メッセージには、AMGの今期のテーマの1つである「社員全員を広告塔に」という想いを込めました。
 
このメッセージに込めた想いは、プレゼンの最後で明確になります。

チーム活動を活性化させた背景


AMGは現在社員数30名弱の会社ですが、今後規模を拡大していく予定です。今後、会社の人数が増えていく中で、会社についての理解度や考え方を共有していくのが難しくなると考えています。
 
その中でチームという存在はより重要になります。より少人数のチーム内で同じ方向を目指して行動することで、会社のメンバーとして意識統一が図れるからです。

VISION

AMGのVISIONは、私たちは、常に変化することで時代に選ばれる企業を目指しますです。
 
今後、会社の規模が増大するに当たり、「変化」が必要です。そして、変化するにはチームという少人数の方が向いています。よりスピード感をもって行動しやすいからです。
 
よって、今後「チーム活動」というものがより重要となっていくと思っています。

現在のチーム活動

チーム三宮がこれまでに行った活動内容です。これらの活動を通してメンバー間のコミュニケーションが活発になることで、相互理解や協力して物事を達成する経験を積んでいます。

チーム会

毎月、対面でチーム会を行っています。自分も含め社外へ出て働いているメンバーが多いため、それぞれの仕事の進捗を報告したり、チームで立てた月間アクションに対しての振り返りなどを行うことでメンバー同士の理解度を高めることを目的としています。

エクスペリエンスの提供

次は、AMGが11期に掲げるテーマの エクスペリエンスの提供です。各々、現場や社内に対してエクスペリエンスを提供できるように意識して動き、その成果をチーム会で共有しています。
 
他のメンバーのアクションを聞くことで、自分もやってみようという意識付けになるところがメリットだと思っています。また、個人的に良いなと思うのは、各々アクションを褒め合うことでその喜びを共有できることです。

ニュースの投稿

チームメンバー全員が毎日社内のSLACKでニュースを投稿することで、情報収集の習慣化を行っています。始めて気付きましたが、1人では中々続かないことでもチーム全員が行うことで動機付けになり、習慣化しやすくなっています。
 
今後は、情報収集のレベルを上げて課題を見つける能力などを養っていくつもりです。

チームとしてのゴール

メッセージは、全員がAMGブランドの体現者になるでした。私たちが目指すのは、チームの枠を超えて会社全体が良くなるため働きかけが出来るチームです。
 
各チーム内が意識の共有を行うことで、当事者意識の育成や全員が会社に向けてプラスの提案ができるようになると思っています!

まとめ

いかがでしたでしょうか。
 
今回は、自分が所属するチーム三宮の活動を元としたプレゼンテーションの内容をお伝えしました。目指す姿によって、チームのあり方は変わってくるものだと思います。
 
みなさんのチーム活動への参考になれれば幸いです!
 
 
 
 
《関連記事》

MINAJI'S BLOG

皆地岳の記事

皆地岳の記事の最新情報をお届けいたします。

SAME CATEGORY BLOG

この記事と同様のカテゴリー記事

新卒採用
はじめました。
LOADING