AMG Solution

たまには新しい出会いを!はじめてのIntelliJ入門②

こんにちわ。井上です。
 
前回のブログでは、IntelliJをセットアップして、テストクラスを作成・実行まで行いました。まだとりあえず動くという段階なので、今回は使いやすさをテーマにIntelliJをセットアップして行こうと思います。
 
ではさっそく進めて行きましょう!

ItelliJを日本語化する

まだ入れただけの状態なので、メニュー名などは英語のままです。そのままでも問題ないといえば問題ないのですが、やっぱり私は日本人なので日本語のほうがわかりやすいです。ということで日本語化していきます。
 
まずはじめに こちらのサイトから、日本語化のプラグインをダウンロードしてきます。
 
日本語化プラグインだけが欲しいので、ページ中央にあるPleiadesプラグイン・ダウンロードのWindows版をダウンロードし、適当な場所で解凍します。
 

 
 
解凍したフォルダの中にsetup.exeがあるので、ダブルクリックしてインストールします。
 

 
 
無事日本語化できました。
 

ショートカットキーを使いこなす

次にIntelliJのショートカットキーを覚えようと思ったのですが、実は普段使っているeclipseの設定がItelliJでも使えるとのことなので、そのほうが便利じゃん! ってことで設定していきます。
 
メニュー > ファイル > 設定のキーマップを開きます。
 
プルダウンの中にeclipseがあるので、今回はこちらを選択しました(個人的に一番慣れているため)。
 

 
 
eclipseの他には、Emacs、NetBeans、Visual Studioなどがありますので、自分の使い慣れたものを選択すると、より使いやすいIntelliJになると思います。

プラグインを追加する

2018年12月現在、2961種類ものプラグインが用意されています。
 
そのまま使うのもいいですが、自分のお気に入りの環境がそれぞれあると思います。そのために必要そうなプラグインを集めました。

プログラムをバージョン管理したい

プラグイン名 説明
Git ToolBox Gitでソース管理ができる
SVN ToolBox SVNでソース管理ができる

プログラムが正しいかチェックしたい

プラグイン名 説明
FindBugs-IDEA Javaコード内のバグを探すための静的バイトコード分析
checkstyle-IDEA Javaファイルのリアルタイムとオンデマンドの両方のスキャン

クラスファイルの中も見たい

プラグイン名 説明
Java Decompiler IntelliJ Plugin classファイルをデコンパイルして、Javaファイルとして見ることができる

 
個人的にはこれだけあれば満足です(使いこなせている感はまったくないですが……)。

まとめ

今回はIntelliJを自分が使いやすいようにカスタマイズしました。
 
人それぞれお気に入りの環境があると思いますので、プラグインのページで探してみてください。きっと満足いくものが見つかると思いますよ。
 
ではまた次回!
 
 
 
 
《関連記事》

INOUE'S BLOG

井上剛の記事

井上剛の記事の最新情報をお届けいたします。

SAME CATEGORY BLOG

この記事と同様のカテゴリー記事

インターンシップ
はじめました。
LOADING