AMG Solution

子供から大人まで大好評! おやこもの作りたいけんでVR花火を打ち上げました

こんにちは。
 
昨年7月に、「第4回おやこもの作りたいけん」を実施しました。今回は、おやこもの作りたいけん内で作成した、VR花火についてお話していきます。
たくさんの笑顔をいただきました! 第4回おやこもの作りたいけんの様子をレポートします
 
今回は、実際にVR花火を作成した工程について紹介します。

開発環境

VR作成にあたり、今回はOculus Goデバイスを使用しました。VR機器は多くありますが、このOculus GoはPCとの接続が不要で、Oculus Go単体でVR体験することができるため、採用しました。
 
次に、VR開発をするための統合開発環境として Unityを使用しました。

Unity開発

Unityの開発では、C#を使用してコンテンツの開発を行いました。また、以下のUnityライブラリも使用しました。
 

  • LINQ(C#)
  • UniRx(C#)
  • Photon(C#)
  • 花火開発(ParticleSystem)

    初めにつまずいたのが、花火をどう表現するかです。
     
    試行錯誤の末、ParticleSystemを使用して表現できることを知ります。成功例は以下です。
     

     
    うんうん、いいですね! どこからどう見ても花火ですね! 少し微妙なところもありますが……。
     
    ですが、おやこもの作りたいけんの花火は、こんな単純なものだけではなかったんです。
     
    一重丸、二重丸、三重丸、ここまでならいけます。しかし、笑顔の絵文字、ハート、アイスクリーム、もうここまで行くとParticleSystemでは表現しきれませんでした……。実際はできるかもしれませんが、知識が足りませんでした……。
     
    だがあきらめるわけにはいかない!
     
    次にメッシュを用いて、この課題をクリアしていきます。

    花火開発(メッシュ)

    前項でお話ししたように、ParticleSystemだけでは表現しきれない問題が出てきました。そこで目をつけたのが、メッシュを用いた花火の表現です。
     
    試行錯誤の結果、以下のように花火を作ることができました。
     

     
    はい、とてもハートですね。もう満足です。後は打ち上げるだけです。
     
    ですが、ここで新たな問題発生です。
     
    以下、一緒に頑張った後輩、あきら君との会話です。
     

     
    あきら君:
    花火の形は大体できましたね!
     
    樋口:
    そうだね! あとは、当日の花火のJSONデータで花火打ち上げるだけだね!
     
    あきら君:
    そうですね! ……あれ、Oculus Goに、JSONのデータをどうやって受け渡すんでしたっけ?
     
    樋口:
    いやいや、それは…………。
     
    あきら君:
    ……………………。
     

     
    はいそうです、花火の形にばかりこだわりすぎで、重要な花火のJSONデータの受け渡し方考えてませんでした。なので次に、サーバーとクライアントで、JSONデータの受け渡しについて頑張っていきます。

    JSONデータの共有(Photon)

    このデータの共有については、とても悩みました。色々思考錯誤した結果、 Photonでのデータ共有を思い立ちました。
     
    Photonは、オンラインゲームのサーバー(管理者)がルームを作成して、そこにクライアントがルームに参加することにより、同一ネットワークにいることができるものです。
     
    これにより、JSONのデータをサーバーがクライアント側に送り、クライアントがそのデータを受け取って花火を打ち上げる仕組みを作ることができました。
     
    この仕組みは、今後のUnity開発でも有効に使うことができそうです。

    Oculus Goへのコンテンツ反映(ビルド)

    数々の試練を乗り越えて、本番1週間ぐらい前にようやくVRで花火が上がるぞというところまできました。
     
    ところがこのOculus GOへのビルドが思わぬ曲者で、解決に3,4日ほどがかかってしまいました。
     
    最終的には色々試しまくってなんとかビルドはできましたが、本番直前だったので相当焦りました。
     
    その過程で学んだビルド時のエラーと、その対策を下記ブログにまとめましたので、ぜひ読んでみてください。
    Unity⇒Oculus GOビルド時のエラーとその対策まとめ

    打ち上げ

    さあ当日です。今までの努力がうまくいくかどうかがかかっています。
     
    前日まで後輩のあきら君と一緒に調整を行いました。
     
    実際の打ち上げの映像が以下です。VR表示できないので、画面上での表示をお見せします。
     

     
    参加者のみなさんにも興味を持ってもらえ、たくさんの笑顔をいただくことができました。今回のVR花火は無事に成功で終えることができました!
     
    最後に、私が一生懸命説明している写真をどうぞ!

    まとめ

    VRのコンテンツは初めての試みとなりましたが、参加者のみなさんに楽しんでいただけて良かったです。
     
    これからもVRを使って、みんなを笑顔にできる企画をやれたらと思います。
     
    ここで書ききれない内容は、別ブログで出していく予定なので是非興味ありましたら、そちらも見てみてください!

    HIGUCHI'S BLOG

    樋口一成の記事

    樋口一成の記事の最新情報をお届けいたします。

    SAME CATEGORY BLOG

    この記事と同様のカテゴリー記事

    新卒採用
    はじめました。
    LOADING