AMG Solution

「とにかくプログラムが楽しい」AMGの社員紹介|池島佑紀

どうもこんにちは。採用担当三宮です。

前回の記事にあげた「昔からものづくりが好きだった」AMGの社員紹介|都築健二は見ていただけましたか?
まだの方は是非見てくださいね。

さて、今回は2016年度新卒の池島佑紀さんです。
それでは行ってみましょう!

池島佑紀という人間

名前 池島佑紀(いけじま ゆうき)
出身学部 経営学部 経営学科
入社年度 2016年
IT経験年数 1年
得意言語 Java、PL/SQL
血液型 AB型
動物占い ペガサス
趣味 ロードバイク、ギター、ゲーム

ゲーム好きが昂じてプログラムに興味を持った

interview-ikejima-1

– IT業界を選んだ理由は?

池島:
元々プログラミングに興味がありました。
当時大学を選ぶときに、経営系かIT系かで迷っていたというのもありますね。

あとは、就活をする中で、文系でも大丈夫っていうのが分かったので、ITに気持ちが傾きました。

三宮:
プログラミングに興味があったっていうのは、何がキッカケだったんですか?

池島:
ゲームが好きで、どのようにキャラクターが動くのか興味を持っていたことが大きいです。

三宮:
大学でもプログラムに接することはあったんですか?

池島:
HTML等を授業でやることはありましたね。
それがITを選んだキッカケではないのですが、授業を受けていて楽しかったですね。

仲間を笑顔にするという企業理念に惹かれた

interview-ikejima-3

– AMGを選んだ理由は?

池島:
企業理念が他とは違ったんですよね。
他はお客様を大切に……や、良い製品を作っていく……といったことが多かったんです。
その中で、仲間を笑顔にというワードに惹かれましたね。

三宮:
IT業界を中心に就職活動をしていたんですか?

池島:
就職活動は、IT業界に絞っていました。
規模的には中小企業が多かったです。その中でも「ソフトウェア開発が出来るところ」が必須でしたね。

三宮:
企業理念の笑顔というものを実際に感じたエピソードはありますか?

池島:
誕生日の時にはケーキを頂き、社員の皆さんから祝ってもらいました。
その時は素直に嬉しかったですね。

あとは、何をするにも自分のことをしっかり見て頂いていると感じています。
教育についても、誠意をもって接してくれるので居心地がいいです。
本社に帰ると、家に帰ったような安心感がありますね。

今度は私が周りを笑顔にできることをやりたいと思っています。

ものづくりの楽しみを感じながら働いている

– どのような仕事をしているの?

池島:
先輩の社員と一緒に現場に出ています。
1プログラマとして、設計とコーディング、テストを担当しています。
先輩から降りてくる仕事を理解して、それを実現するといったことをやっています。

三宮:
率直に、楽しいですか?

池島:
はい、楽しいです。
ただ、能力が伴わないことがあるので、その時は悔しいと感じます。
テスト業務は眠くなることもありますね……(汗)

三宮:
つまり、池島さんは業務中寝てるってことでいいんですか?

池島:
それは……。

三宮:
そこは早く答えなさい(笑)

池島:
冗談ですよ(笑)眠い時はミンティアでしのいでいます。

三宮:
寝てなくてよかったです。先輩社員とはうまくやれていますか?

池島:
うまくやれていると思います。
尊敬できる先輩で、仕事が終わったら飲みに誘ってくれたりと、自分のことを見てくれているのでうれしいです。

勉強は大変だが、とにかくプログラミングが楽しい

interview-ikejima-5

– AMGで働くことのやりがいとは?

池島:
前の質問でも答えましたが、自分のことを見てくれることでモチベーション高く仕事が出来ることです。
ただ、しっかり見てくれる分、自分がもっと成長しないといけないな、って思うことが多いですね。

三宮:
仕事をしていて楽しいと思うことは何ですか?

池島:
プログラミングをするときです。
自分の作ったものがうまくいったときが楽しいし、やりがいを感じますね。

三宮:
家で勉強ってするんですか?

池島:
もちろんです。
業務中に知識を吸収するのは当たり前で、それだけでは足りない部分を補うために日々勉強しています。
基本となる構文は自主学習でなんとなかる部分が多いので、基礎を固めて、応用の際に質問するといったことが多いです。

三宮:
大変でしょ?

池島:
やらないと怒られますからね……(笑)
それは冗談で、今は何でも吸収するべき時だと思っているので、何でも取り入れる意識を強くもっています。

距離感が想像以上に近かった

– 入社して一番ギャップに感じたことはなんですか?

池島:
社員同士の距離感がイメージと違いました。
オフィスは小さいほうなので、距離感が近いとは思っていたんですが、それ以上でした。
あだ名で呼んでもらったり、プライベートでも遊びに行ったりなんてことが多いですね。

自分の中の想像よりも先輩といい関係が作れている気がします。

三宮:
それっていいギャップってことですよね? そういうの聞きたいんじゃないです。

池島:
えぇ……。

うーん、この業界にはよくあることですが……
私は今現場に出ているので、本社の人となかなか会う機会がないっていうのはあるかもしれません。

三宮:
自分で会う機会を作ればいいんじゃないですか?

池島:
時々相談に乗って頂くので、その時は自分から声をかけてますよ。
現場の兼ね合いもあるので、タイミングを見つけてどんどん誘おうと思っています!

自分だけでなく、後輩の面倒を見れる人になる

interview-ikejima-6

– 今後チャレンジしていきたいことは?

池島:
肉体改造ですね。
座り仕事なので、一年で大変なことになっています(汗)

三宮:
確かに、お腹周りが……。

池島:
オンザベルト状態ですね。

三宮:
でも、ロードバイク好きなのにそんなになるんですか?

池島:
筋トレが足りないんですかね。
ペースあげて何とかしようかと……。

三宮:
なるほど。筋トレならいつでも教えますよ。
では、仕事において今後やりたいことはありますか?

池島:
4月から私も先輩になります。
慕われる先輩を目指しているので、そのための技術力、人間力をつけたいと思っています。
今は何でも吸収していくことが必須ですね。

三宮:
肉体改造に負けないくらい頑張ってくださいね。

ビジネスツール購入補助制度が魅力的

– AMGの制度で一番いいと思うものは?

ビジネスツール購入補助制度がかなりうれしかったです。
新卒の段階で整っていないものが多かったので、それを補うために利用しています。

三宮:
実際に何を買ったんですか?

池島:
ビジネスバッグですね。
就活を耐え抜いてくれた鞄に別れを告げて、奮発していいかばんを買いました。

三宮:
奮発したのは池島さんじゃないんじゃ……。

池島:
ばれましたか(笑)

研修内容は、JavaBronzeの資格取得とビジネスマナー

interview-ikejima-5

– 内定者研修ってどういうことをやりましたか?

池島:
内定を頂いてから、1月から3月までの3か月間、内定者研修を行いました。
その中ではJavaBronzeの資格をとることを重点的にやりました。

Javaは初のプログラミングだったので最初は苦しみながらやっていました。
途中からは楽しくなったんですけどね。

三宮:
大学は情報学科ではないですが、プログラミングって何とかなりますか?

池島:
何とかなりました。
先輩社員に助けてもらった部分も多いのですが、やればできる!という感じですね。

三宮:
プログラミングを身につけるコツって何かありますか?

池島:
プログラミングすることだと思います。
少しでもプログラムに接する時間を作って、実際に作ってみる。これを続けると早く身につきます。

三宮:
プログラミング以外には何をやったんですか?

池島:
ビジネスマナーを叩き込まれました。
来客対応や電話対応、報連相等ですね。
最初はがちがちだったのですが、「失敗してもいい」といった言葉も頂いていたので、伸び伸びやれましたね。

何をするにも、「なぜこれをやる必要があるのか」を説明してくれるので、違和感なく研修に取り組めました。

「きっとそうなんだろう」をなくすことが大切

interview-ikejima-4

– 仕事をするにあたって一番気をつけていることは?

池島:
「きっとそうなんだろう」をなくすことです。
プログラミングしていてよく陥るのは、思い込んでいたために全く違ったものが出来上がってしまうこと。
毎回、細かいことでも都度確認することを意識しています。
そういったコミュニケーションをすることが非常に大切なんだと思います。

三宮:
一日にどのくらい質問するんですか?

池島:
少なくても5回以上はしますね。
多い時だと数えきれないです。

三宮:
質問するときに何を気を付けていますか?

池島:
結論から述べることです。
質問される側にも時間をとってもらっているので、極力短く、最短で質問が出来ればベストだと思います。
なかなか難しいんですけどね……(笑)

構えすぎず、気楽な気持ちでいることも大切

– IT業界に入るにあたって必要な心構えとは?

池島:
IT業界に入る前は、忙しいし、難しいし、大変というような印象があったんですが、そこまで構えずにとらえることも必要なんだと思います。

三宮:
最初はビビってたんですか?

池島:
かなりビビっていました。
ただ、勉強も波にのればうまく進みましたし、出来ることが増えるたびに解消されました。

ありのままの自分を見てもらうこと

interview-ikejima-2

– 新卒の皆様に一言

池島:
就活中は、自分を良く見せようとしますよね。

ただ、それはやめた方がいいです。
ありのままの自分を見せて、それを認めてもらえるところが一番合っている会社なんだと思います。

ありの~ままの~………(省略)

三宮:
………。

まとめ

最後歌い出しちゃったので、無視してインタビューを終了しました。
新卒の方は年齢が近い分、共感できることも多いのではないでしょうか。

次回は樋口一成さんです。

それでは、次回もお楽しみに。

《三宮さんの社員インタビュー》
「昔からものづくりが好きだった」AMGの社員紹介|都築健二

SANNOMIYA'S BLOG

三宮大輝の記事

三宮大輝の記事の最新情報をお届けいたします。

SAME CATEGORY BLOG

この記事と同様のカテゴリー記事

マイナビ2019 採用エントリーはじめました。
LOADING