AMG Solution

Jリーグクラブにオフィシャルスーツを提供しているスーツブランドまとめ

こんにちは。昼間です。
 
スポーツ選手はユニフォーム姿の印象が強いですが、会見のときや移動のときにはスーツを着ていることが多いです。Jリーグの各チームにはそれぞれのオフィシャルスーツがあり、そのオフィシャルスーツを様々なブランド、企業が提供しています。
 
今回はJリーグのクラブにオフィシャルスーツを提供しているブランドを、一部ご紹介します。

FC東京:SHIPS

SHIPS

FC東京は森重真人選手や高萩洋次郎選手、東慶悟選手など日本代表候補が所属しているチームです。DFの室屋成選手、FWの久保建英選手など、今後の活躍が期待される選手も多いです。
 
そんなFC東京にオフィシャルスーツを提供しているのがSHIPSです。カジュアルなイメージがありますが、スーツも取り扱っており、おしゃれで上質な生地が多いです。
 
FC東京に提供しているスーツも、シャツが青と白のチェック柄でカジュアルな印象です。

浦和レッズ:麻布テーラー

麻布テーラー

浦和レッズは槙野智章選手や西川周作選手、遠藤航選手などの日本代表候補が所属しているチームです。今シーズンは堀孝史監督、大槻毅暫定監督から引き継いで監督に就任したオリヴェイラ監督の手腕に期待です。
 
そんな浦和レッズにオフィシャルスーツを提供しているのが麻布テーラーです。
 
一着37,000円からパーソナルオーダースーツが仕立てられます。スタッフがカウンセリングから細やかな採寸、補正まで会話をしながら一緒に作ってくれます。生地選びも定番からトレンドを反映したものまで、さまざまな種類があります。

セレッソ大阪:TAILOR FIELDS(テーラーフィールズ)

TAILOR FIELDS

セレッソ大阪は山口蛍選手や清武弘嗣選手、杉本健勇選手などの日本代表候補が所属しているチームです。昨季はクラブ史上初のタイトルとなる、JリーグYBCルヴァンカップ優勝に続き、天皇杯でも優勝し二冠を達成しました。
 
そんなセレッソ大阪にオフィシャルスーツを提供しているのが、TAILOR FIELDS(テーラーフィールズ)です。
 
パターンオーダーで注文可能で、1着23,000円からと割安です。最初に生地によって価格を決めれば、それ以降デザインや補正で価格が変動することはありません。オプション追加で、価格がどんどん上がっていくことがないのはうれしいです。

鹿島アントラーズ:NEW YORKER

NEW YORKER

鹿島アントラーズは内田篤人選手、昌子源選手、三竿健斗選手などの日本代表候補が所属しているチームです。国内の3大タイトル(J1リーグ、Jリーグカップ、天皇杯)において、Jリーグクラブ最多の最多優勝回数を誇ります。
 
そんな鹿島アントラーズにオフィシャルスーツを提供しているのがNEW YORKERです。上質な生地にこだわりを持っており、お客様に合わせた「着やすさ」と「美しい仕立て上がり」を追求しています。
 
NEW YORKERのパターンオーダーではスタイルと素材を自由に組み合わせ、自分らしい一着をつくりあげることができます。バリエーション豊かな生地やモデル、オプションなどが用意されています。

湘南ベルマーレ:Brooks Brothers

Brooks Brothers

湘南ベルマーレは松田天馬選手や杉岡大暉選手など有望な若手が所属しているチームです。曹監督が掲げる攻める姿勢をとことん貫く「湘南スタイル」は見ている人たちも楽しめます。
 
そんな湘南ベルマーレにオフィシャルスーツを提供しているのがBrooks Brothersです。今年200周年のアメリカの老舗ブランドで細身ですが、気心地良く着れるように作られています。野球の侍ジャパンのオフィシャルスーツにもなっているブランドです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
 
Jリーグにも注目しつつ、憧れのサッカー選手が着ているスーツを参考にしてお気に入りのスーツを仕立ててみてはいかがでしょうか。私も社内のビジネスツール支援制度を利用して、お気に入りの1着を手に入れようと思います。
 
 
 
 
《関連記事》

HIRUMA'S BLOG

昼間健の記事

昼間健の記事の最新情報をお届けいたします。

SAME CATEGORY BLOG

この記事と同様のカテゴリー記事

マイナビ2019 採用エントリーはじめました。
LOADING