「ファイル名を指定して実行」を活用して業務の作業時間を最適化

技術
#Higuchi #ツール
filemei-ic

こんにちは、樋口です。

今回は、業務内で知っておくと便利な「ファイル名を指定して実行」からのアプリのショートカット起動について、ご紹介します。


「ファイル名を指定して実行」の方法

キーボードで、「Windowsキー+R 」を同時に押してください。

ファイルを指定して実行

上記のようなダイアログが出てきたと思います。
出てきたら、ここへアプリのショートカットコマンドを入力していきます。

次項にショートカットの一覧を記載します。


よく使うショートカット一覧(Windows標準)

ショートカットコマンドを以下にまとめてみました。

iexplore
インターネットエクスプローラーを起動する
explorer
エクスプローラーを開く
「.」
ホームディレクトリを開く
「..」
ユーザーディレクトリを開く
「c:\」「c:\temp\aa.txt」
指定フォルダ(ファイル)を開く
cmd
コマンドプロンプトを起動する
notepad
メモ帳を起動する
calc
計算機を起動する
mspaint
ペイントを起動する
taskmgr
タスクマネージャーを起動する
regedit
レジストリエディターを起動する
wprdpad
ワードパットを起動する
control
コントロールパネルを開く
snippingtool
スニッピングツールを起動する
stikynot
付箋を起動する


よく使うショートカット一覧(インストールアプリ)


excel
excelを起動する
winword
wordを起動する
powerpnt
powerpntを起動する
outlook
outlookを起動する
firefox
firefoxを起動する
chrome
chromeを起動する
※ ユーザーごとのアプリのインストール状況により、使用できるかが変わります。


知っておくといいショートカット一覧

こんなコマンドもあるんだと、知っておくといいかもしれないコマンドです。

powershell
コマンドラインシェル/スクリプト言語実行用コンソールを起動する
msconfig
システムの構成ユーティリティを開く
wuapp
Windows Updateアクセスを起動する
sysdm.cpl
システムコンフィグを開く
firewall.cpl
ファイアウォール設定画面を開く
%appdata%
各種プログラムの設定保存場所を開く
%temp%
作業用ファイル(一時ファイル)保存場所を開く


最後に


この「ファイル名を指定して実行」は、Windowsでの作業効率を向上させてくれる便利機能のひとつです。
この便利機能を当たり前のように使用していると、周りからできる人と思われ尊敬されます!
というのは、大げさですが少なからず役に立つと思いますのでよかったら使ってみてください。

また、今回紹介させていただいたショートカット以外にも多くのショートカットがあるので、是非調べてみてください。