AMG Solution

新卒第1号の女子社員が語る! 社会人になって変わったさりげないけど大切なこと

 
こんにちは。広報担当の横尾です。

もうすぐ3月も終わりに近づき、わたしも早いもので入社から1年が経過します。
節目の機会なので、今年1年でわたし成長したなあと感じる部分をつらつらと書いていきます。

これから社会人になる方々のゆるい指針となれば嬉しいです。
わからないことばっかりでも、小さなことから頑張ってみてください。

図でぱぱぱーっとまとめたい

shinjin11
まだまだ足りないとは思うんですが、1年前と比べると理解力があがったかなと思います。
何故かといいますと、図にするのが少しだけうまくなったからです。

最初は開発の指示など、ひたすら文字でメモしていました。
そのあと理解できるようまとめるのも文字でした。

ですが、早い段階で図にするといいとアドバイスをいただいたこともあって、今ではあー、よく分からないなーと思ったらすぐ図にまとめるようにしています。

お客様との打合せもぱぱぱーっと図にまとめていけば、ああ! この人できる人や! って思われます。きっと。

すきまの時間こそ、アピールタイムかも

shinjin21
わたしなんの自慢にもなりませんが、友人がとても少ないです。
そのため、普段から話すことといえば仲間内のお決まりの話題だったんです。

会社に飛び込んで困ったのは、間をつなぐ会話ができない、世間話の引き出しの少なさでした。
移動の時間やランチタイムなどせっかくの時間に会話が見つからない……なんてこともしばしば。

今ではあのお方は、この話題興味ありそうだなーなんて思ったら、メモまではいかないまでも頭の片隅に残すようにしてます。
通勤時間は、読書や睡眠や妄想しかしてませんでしたが、ニュースをきちんとチェックするようになりました。

お客様も、世の中の動きに詳しい人のほうが、絶対信用してくれます。
ちょっとしたすきまの時間こそ、自分の力が試されてると思います。

心をつかむ文章が書きたい

shinjin31
このブログ執筆作業で文章力は、成長したのではと思います。
というより、成長してなければ困ります!

月1本のノルマで書く力とともに、編集作業を担当させていただいていることで読む力もついたように感じます。
これこそまだまだで、心をつかむレベルにはまったく到達していないので、今年は何か挑戦して伸ばしていきたいと思います。

もちろんお客様に見せる資料にも、文章力が大切です。
エンジニアの苦手分野っぽい文章力で、リードしたいものです。

思い通りに動くようになってきたかも

shinjin41
本業はエンジニアですので、一番成長したのは技術力です。
というより、空っぽだったので何かできるようになるだけで成長していると実感できる、もっとも楽しい時期だったような気がします。

デスクワークとパソコンかっこいいという理由で、IT業界をこころざした文系女子でも、やるしかないって状況に放り込まれるとできるもんですね。

思い通りにプログラムが動くと思わずやったー! とか言ってしまいます。
ひとり言が多い人になりつつあります。
気をつけます。

できることは増えましたが、人に教えられるようになってこそ一人前です。
来年度のわたしの後輩への指導が、この1年間の集大成というわけですね。
頑張ります。

ポイント稼ぎはコツコツと

shinjin51
AMGの会議用の机ってガラスなんですよね。
これがおしゃれなんですが、指紋や水ぶきの跡が目立つという曲者です。
わたしは1年間、ほぼ担当していたため、この机をふくのがとてもうまいです(きっと1番です)。

これだけ聞くと、新人の雑用か……って思うかもしれませんが、この作業わりと大切なものなんです。

新人のころは右も左もわからず、とにかく先輩社員を質問攻めにします。
もちろんそれは吸収していく段階で大切なことで良いことですが、先輩社員の時間はどんどん削られていきます。

たくさん吸収してできるようになることが一番の恩返しだと思っていますが、机ふきもその一環です。
わたしはすぐにできる人にはなれないので、せめて机をすばやくピカピカにすることでありがとうございますの気持ちを表しています。

だからわたしがきれいにふけると自信を持っているのは、それほど感謝しているということです。
と、さりげなくアピールしておきます(さりげなくない)。

そして、お客様にもキレイ好きな会社だと思ってもらえたら、一石二鳥ですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

わたしがこの1年間で少しは成長したなーと思う部分です。
知らないことを知ることもあり、当たり前のことを再認識することもあり、毎日驚きでいっぱいでした。

どんな会社に入社することになっても、吸収するかしないかは自分次第です。
吸収できることはして、いらないなーと判断できる材料が揃ってから捨てたほうが、なにかと経験になりますよ!

鬼のような吸収力も恥ずかしい失敗も、若者の特権らしいですからね。

以上、偉そうに語ってみたものの、決して情熱のあるタイプではない横尾でした。

YOKOO'S BLOG

横尾有美の記事

横尾有美の記事の最新情報をお届けいたします。

SAME CATEGORY BLOG

この記事と同様のカテゴリー記事

新卒採用
はじめました。
LOADING