AMG Solution

狙ったメールを一発表示! 使えるとかっこいいGmailの便利コマンドまとめ

 
こんにちは、青柳です。

Gmailを使って、すべてのメールを一箇所に集約し、効率化するということは結構使われている手法かと思います。

Gmailを使う場合は、ブラウザから操作する方法とimapを使ってメーラから操作する方法があります。
私はこれまでThunderbirdを使ってGmailとの同期をしていました。

が、メールの件数が多くなってくると重くなりすぎて、かなりストレスとなっていました。
そこで観念してブラウザからの利用にしましたが、件数が多いと目的のメールを見つけるのが大変ですよね。

そんな時に活躍する便利なコマンドをご紹介したいと思います。

未読メールを表示する

未読メールの表示はもうボタン置いといてほしいくらいです。

is:unread

【使用例】
gmail1

添付ファイルありのメールを表示する

添付ファイルがあるメールのみを表示したい場合には、このコマンドが有効です。

has:attachment

【使用例】
gmail2

【応用例】
未読メールから、添付ファイルありのメールを表示する。
is:unread has:attachment

添付ファイルのファイル名を検索する

ファイル名(ファイル名の一部)はわかっているが、誰からもらったメールかわからない場合には、ファイル名を使った検索が有効です。

filename:

【使用例】
拡張子がxlsxの添付ファイルがついたメールを検索
gmail3

【応用例】
未読メールから、添付ファイルあり(拡張子がpdf)のメールを表示する。
is:unread has:attachment filename:pdf

指定したサイズ(バイト単位)より大きいメールを表示する

容量の大きいメールを検索するときに便利です。

size:

【使用例】
サイズが1Mバイト以上のメールを表示する。
gmail4

【応用例】
未読メールから、添付ファイルあり(拡張子がpdf)で、サイズが5MB以上のメールを表示する。
is:unread has:attachment filename:pdf size:5000000

差出人の名前やアドレスを使って検索する

差出人のアドレスが一部でもわかっている場合は、fromを使います。

from:

【使用例】
山口ヒロというアドレスからのメールを検索する。
from:yamaguchi-hiro@

【応用例】
既読メールから、添付ファイルありで、山口ヒロというアドレスからのメールを検索する。
※コマンドの前に「-」をつけると、否定の意味になります。
-is:unread has:attachment from:yamaguchi-hiro@

宛先の名前やアドレスを使って検索する

宛先のアドレスが一部でもわかっている場合は、toを使います。

to:

【使用例】
山口ヒロというアドレスへののメールを検索する。
to:yamaguchi-hiro@

【応用例】
山口ヒロまたはヒロ山口というアドレスへのメールを検索する。
※「OR」をつけると、またはの意味になります
from:yamaguchi-hiro@ OR from:hiro-yamaguchi@

件名から検索する

毎回決まった件名がついている場合に便利です。

subject:

【使用例】
件名に勤怠連絡がついたメールを表示する。
subject:勤怠連絡

【応用例】
件名に勤怠がついた山口さんからメールを表示する。
subject:勤怠連絡 from:yamaguchi-hiro

指定した期間内に送受信されたメールを表示する

after:
before:

【使用例】
2016年2月1日0時(午前 12:00)以降、2016年2月4日より前に送信したメール
after:2016/2/1 before:2016/2/4

アーカイブされたメールを表示する

間違ってアーカイブボタンを押してしまった時はこれで見つかります。

-in:spam -in:trash -is:sent -in:drafts -in:inbox

さいごに

いかがだったでしょうか。
コマンドは細かく調べるとまだまだありますが、よく使うので覚えておきたいのは今回ご紹介した内容になります。

実はこれらのコマンドは、検索ボタンの右側にある▼を押すことでも使うことができます。
でもコマンドで、検索してたらかっこいいですよね。

AOYAGI'S BLOG

青栁雄飛の記事

青栁雄飛の記事の最新情報をお届けいたします。

SAME CATEGORY BLOG

この記事と同様のカテゴリー記事

新卒採用
はじめました。
LOADING