AMG Solution

クリスマスに観たい! クリスマスを題材にした映画10選

 
年越し前の一大イベントであるクリスマス。
何処かへお出かけする方や家でゆっくり過ごす方、人それぞれ思い思いに過ごすことかと思います。

ゆっくり過ごしたい場合、映画を観て過ごすのも良いのではないでしょうか?

そこで今回はクリスマスを題材にした、クリスマスに観たい映画をまとめてみました。

ホーム・アローン

homealone

ホーム・アローン

公開 1990年
監督 クリス・コロンバス
出演 マコーレー・カルキン, ジョー・ペシ, ダニエル・スターン

ある一家が総出でパリに行くことになった。ところが息子のケビンだけは、出発のどさくさで、独り屋敷に取り残されてしまう。初めての一人暮らしに浮きたつケビン。そんなおり、留守だと思った二人組の泥棒が屋敷を狙ってきた。ケビンは家を守るため、男たちの撃退作戦に出るが……。M・カルキン坊やを一躍人気者にしたドロボー撃退ムービー。

– yahoo映画

《ポイント》
何度観ても笑って泣けるクリスマスコメディの定番です。
2015年に限って言うと、12/12にロードショーで放送しているのでロードショーで観たばかりという方は、クリスマスには続編のホームアローン2を観るというのも良いと思います。
 
 

ポーラーエクスプレス

polarExpress

ポーラー・エクスプレス

公開 2004年
監督 ロバート・ゼメキス
出演 トム・ハンクス, ジョシュ・ハッチャーソン, マイケル・ジェッター

絵本「急行『北極号』」をフルCGで映画化。4児の父親であるトム・ハンクスが子供たちに繰り返し読み聞かせていた絵本の映画化を企画し、ロバート・ゼメキスとタッグを組んだ。本作でトム・ハンクスは父親、車掌、ホーボー、サンタと4役もの声を使い分けた。通常ではありえない視点や疾走する乗り物の窓の外の景色など、アトラクション・ムービーとしても楽しめる。スティーヴン・タイラーが劇中CGキャラクターで出演し、曲を披露しているのも見逃せない。

– yahoo映画

《ポイント》
心温まる内容、美しい映像だけでなく、作中の曲も評判の映画です。
お子様がいるご家族におすすめの映画です。
ぜひホットココアを用意してから観る事をおすすめします。
 
 

三十四丁目の奇跡

34ChomeNoKiseki

34丁目の奇跡

公開 1994年
監督 レス・メイフィールド
出演 リチャード・アッテンボロー, エリザベス・パーキンス, ディラン・マクダーモット

1947年のジョージ・シートン監督作品「三十四丁目の奇蹟」を、J・ヒューズがリメイクした作品。クリスマス。NY34丁目のデパートに現れた“サンタ”を巡って巻き起る騒動を描く。

– yahoo映画

《ポイント》
普段の忙しい生活で夢見ることを忘れてしまった大人たちにも夢を信じる大切さ、そして素晴らしさを改めて気付かせてくれます。
1947年のオリジナル版で観るのも良いのではないでしょうか。
 
 

ナイトメアー・ビフォア・クリスマス

nightmareBeforeChristmas

ナイトメアー・ビフォア・クリスマス

公開 1993年
監督 ヘンリー・セリック

ティム・バートン製作の大ヒット人形アニメが、公開10周年を記念してデジタル・リマスター版として再公開される。クリスマスの国に憧れるハロウィンの王様ジャック、彼に密かに想いを寄せるツギハギ人形のサリー、彼らを取り巻くちょっと不気味でユニークな仲間たち……。美しい映像と音楽でつづられる究極のラブ・ファンタジーだ。同時上映の短編『ヴィンセント』『フランケンウィニー』もバートン・ワールドの原点とも言うべき傑作。

– yahoo映画

《ポイント》
ディズニーランドのホーンテッドマンションも、2015/09/05~2016/01/04までの期間限定でナイトメアバージョンになっています。
ディズニーランドに行く前や行った後に観るとより楽しめるのではないでしょうか。
 
 

Disney’s クリスマス・キャロル

christmasCarol

Disney’s クリスマス・キャロル

公開 2009年
監督 ロバート・ゼメキス
出演 ジム・キャリー, ゲイリー・オールドマン, コリン・ファース

金銭欲を満たすために生きる男が、クリスマス・イブの夜の不思議な体験を経て、本当の幸福の意味を悟る奇跡と感動のファンタジー。文豪チャールズ・ディケンズの不朽の名作を、『バック・トゥ・ザ・フューチャー』シリーズのロバート・ゼメキス監督が映像化。ケチな主人公をはじめ、7役を演じるのは名優ジム・キャリー。希望に満ちたメッセージや、俳優の演技をデジタル的に採り込むパフォーマンス・キャプチャーによる驚異の映像が圧巻!

– yahoo映画

《ポイント》
クリスマス・キャロルをディズニーが映画化した作品です。
原作のクリスマス・キャロルと合わせて観るのもおすすめです。
 
 

アーサー・クリスマスの大冒険

aserChristmas

アーサー・クリスマスの大冒険

公開 2011年
監督 サラ・スミス
出演 ジェームズ・マカヴォイ, サラ・スミス, ヒュー・ローリー

クリスマスプレゼントを世界中の子どもたちに一晩で配るサンタ一家の末っ子が、配送ミスでプレゼントが届かないたった1人の子どものために旅へ出るCGアニメーション。子どもたちが疑問に思うサンタの秘密を、100万人の妖精たちが超ハイテク技術を駆使していたという奇想天外なアイデアで解き明かす。祖父サンタのビル・ナイ、主役のサンタの末っ子アーサー役のジェームズ・マカヴォイら豪華キャストの声の共演も楽しい娯楽作だ。

– yahoo映画

《ポイント》
お子様と一緒に観るのにおすすめの映画です。
オーソドックスなサンタの姿を思い描いているとしたら、ガッカリさせる可能性もありますが、サンタさんはどうやって1日でプレゼントを配っているの? と聞かれた時に観せたい映画です。
 
 

サンタクローズ

santaClause

サンタクローズ

公開 1994年
監督 ジョン・パスキン
出演 ティム・アレン, エリック・ロイド, ジャッジ・ラインホルド

ディズニー製作によるファンタスティック・コメディ。離婚し、息子と離れて暮らすエリート・サラリーマンの男が、イブの夜、屋根から落ちて来たサンタと、サンタ業を受け継ぐ契約をしてしまった事により巻き起る騒動を描く。

– yahoo映画

《ポイント》
サンタの契約ということで、santa clause。
まだ、サンタを信じるくらいのお子様がいるご家庭でしたら、おすすめです。
親子の絆も描かれていて、とても夢のある話です。
 
 

ジングル・オール・ザ・ウェイ

jingleAllTheWay

ジングル・オール・ザ・ウェイ

公開 1996年
監督 ブライアン・レヴァント
出演 アーノルド・シュワルツェネッガー, シンバッド, フィル・ハートマン

クリスマスを舞台に繰り広げられるハートフル・ホーム・コメディ。仕事人間のハワードは、息子の機嫌を取るために、ハワードはクリスマス・プレゼントにターボマン人形を約束する。イヴの朝、ハワードは人形を買いに行くが、どこも品切れ状態になっている。郵便配達人のマイロンも同様に人形を探していた。八方手を手を尽くしたが、手に入れられないハワードは隣の主人と妻の仲を誤解する。ショックを受けた彼は、ターボマンのパレードに紛れ込んでしまい……。

– yahoo映画

《ポイント》
主演はターミネーターなどでも有名なアーノルド・シュワルツネッガー。
アクションのイメージが強いですがコメディにも出ていたんですね。
ホーム・コメディなので、ご家族で映画を観る方におすすめです。
 
 

シザーハンズ

scissorHands

シザーハンズ

公開 1991年
監督 ティム・バートン
出演 ジョニー・デップ, ウィノナ・ライダー

エドワードは、発明家の博士によって生み出された人造人間。だが、完成直前に博士が急死してしまった為、彼は両手がハサミのままこの世に残されてしまう。その後、ゴースト屋敷のような丘の上の家で、顔が傷だらけで孤独な日々を送っていた彼の元にある日、化粧品のセールス・ウーマンのペグが訪ねて来た。心優しい彼女は、そんな彼の姿に同情し、自分の家に連れて帰る。そうして家の中へ通された彼は、写真に写っているペグの娘キムに心奪われ、彼女に恋してしまうが……。鬼才ティム・バートン監督の描くラブ・ファンタジー。

– yahoo映画

《ポイント》
ティム・バートン監督、主演はジョニーデップということでも有名な映画だと思います。
ハサミの手を持った男ということでサイコ・ホラーな印象を受けるかもしれませんが、ラブ・ファンタジーですので、恋人の方と一緒に観るのにおすすめです。
 
 

大停電の夜に

daiteidennoyoruni

大停電の夜に

公開 2005年
監督 源孝志
出演 豊川悦司, 原田知世, 井川遥, 宇津井健

東京が大停電に遭遇したクリスマスイブの夜を12人の男女の物語を交錯させながらロマンティックに描くラブストーリー。監督は『東京タワー』の源考志。12人の男女を演じるのは豊川悦司、原田知世、井川遥、宇津井健などバラエティーに飛んだ顔ぶれ。さまざま年齢、さまざまな形の愛を見ごとな脚本と構成力で完成度の高い作品に仕上げている。ファタジックな雰囲気をかもし出している美しい映像にも注目。

– yahoo映画

《ポイント》
クリスマス+日本映画という組み合わせは意外と珍しく、日本映画が好きという方におすすめの映画です。
また、バーやジャズのような雰囲気が好きな方にもおすすめの映画です。
 

まとめ

クリスマスに観る映画として、笑える映画にするか感動する映画にするかなど悩みどころですね。
今回は私の個人的な好みでの10選ですが、より良いクリスマスを過ごす助けになって頂ければと思います。

TSUDUKI'S BLOG

都築健二の記事

都築健二の記事の最新情報をお届けいたします。

SAME CATEGORY BLOG

この記事と同様のカテゴリー記事

新卒採用
はじめました。
LOADING