AMG Solution

第二新卒の就活は主体性でカバー! AMGに入社して思うこと

introduction

はじめまして。9月下旬にAMG Solution(AMG)に入社しました、佐藤環です。
社会人経験1年未満、まだまだ未熟な私ですが、今後ともよろしくお願いします。

さて今回は、私が従業員10名ちょっとのAMGに辿りついた経緯を、弊社の魅力とともにお伝えしたいと思います。
将来に対して物思う新社会人の方に参考にして頂きたいです。

ビジョンを持たず働いていた1年前

わずか半年ですが、私は前職も社長以外従業員がほとんどいない会社に勤めていました。
不動産事業を基盤とする企業であり、そこで私は事業拡大を視野入れた新規事業の立ち上げ役として従事してました。

「将来は自分発信の仕事がしたい」

そんな想いを胸に抱きつつ、私は社会人としての第一歩を踏み出すことになります。
ただ、このときの私には大切なものが欠落していました。
そこには「具体的なビジネスビジョン」が無かったのです。

当然のごとく、仕事は上手く行きませんでした。
ゼロからアイデアをひねり出だすような毎日で、調べては挫折し、行動しては壁にぶち当たり……。
順調かと思われたプロジェクトでも、最終的には形にすることができませんでした。

毎日が自分との闘いでした。「このままではハゲるのではないか?」と真顔で考えることも多くありました。
「経営のプロはアイデアを形にする」と聞かされますが、私にはそれを成し遂げる覚悟も、情熱も自信もなかったのでしょう。

この経験を通して、下地作りの必要性を感じ、稼ぎのなかった私は転職を考えました。
そして私は、自身に欠けているものをもうひとつ見つけました。
それは「スキル」です。

スキルがなければ、どこへ行っても同じことの繰り返しです。
たとえ起業したとしても、裸の王様になってしまうことは火を見るより明らかでしょう。

よって私は、次の就職先を「成長のためのステージ」にしたいと考えました。
ここで目をつけたのが、小規模の企業です。
その理由は大きく2つあります。

事業の起点が自分に近い

社会のなかで自分を主張するのが難しいように、分母が大きければ大きいほど自己のアピールは難しくなります。
大企業ともなれば、一個人の意見が反映されることは少ないでしょう。

一方で少人数の企業の場合は、規模が小さいことにより自己実現のための細かい要望が通り易くなっています。
そして、事業の起点が自分に近ければ責任も多く仕事量も圧倒的に多くなります。
個人の動きが会社を動かすこともあるでしょう。
主体的な行動が求められる環境であることを意味しています。

責任は達成感へ、仕事量は自己の成長へ――。
私の意見に過ぎませんが、小規模な企業は20代の私が成長するための環境として最適であると考えています。

PDCAのサイクルが圧倒的に速い

小規模な企業は、規模や資金の面では大企業に劣っているものの、組織での小回りは圧倒的に優れています。
企画から行動までのPDのサイクルが圧倒的に速いという点は、小規模な企業が持つ大きな特長であると言えるでしょう。

自己の成長に関して言えば、毎日圧倒的なPDが押し寄せてくる環境は、当時の私にとって非常に魅力的でした。

AMGとの出会い

転職活動をするなかで、多くの企業を訪問しました。そして、さまざまなことを考えさせられました。
企業に属して働くからには、企業利益への貢献は重要です。
しかし、貴重な時間をかけるからには、「何が得られるのか」「適した環境なのか」を考えることも大切だと思います。

「求める環境がそこにはあるのか」という視点のもとで活動を続け、ついに私はAMGと出会うことになります。
そこには、私が求めているものがありました。

弊社が持つ魅力のひとつに、「企業成長に向けた活動」があげられます。

ブログ制作、フットサル活動、IT勉強会など。これらの活動は社員から自主的に提案され行われています。

それぞれの活動が会社のためにという思いのもと形成され、目的を持ちます。
それを達成する過程の中、付加価値として様々な成長が得られる。

主体性を持った活動にPDCAが幾分に繰り返され、展開され皆で成長していく喜びを分かち合える。

このような環境こそ私が求める「成長のステージ」ではないかと考え、AMGの一員になることを決意しました。

おわりに

主体的な動きが仕事を濃密にし、人生を豊かにします。

主体性のないPDCAはただの作業です。
主体性のない人でも弊社のような小規模な企業に身を置くことで、見つけることが出来るかもしれません。

すでにお持ちの方も、より自分に近い形で実現することが可能でしょう。

大分偏った考えですが読んでくださった方の参考になれば幸いです。

SATOU'S BLOG

佐藤環の記事

佐藤環の記事の最新情報をお届けいたします。

SAME CATEGORY BLOG

この記事と同様のカテゴリー記事

新卒採用
はじめました。
LOADING