AMG Solution

Windows環境でOracle12cを使う! ~インストール編~

feels

こんにちは。都築です。
 
Oracle12cを業務で使用することになり、Windows環境にインストールを行いました。
 
これからOracle12cでの新機能などをご紹介していきたいと思いますが、今回はその第一歩として、まずはインストール手順をご説明したいと思います。

環境情報

今回インストールを実施した環境は以下のとおりです。
 

OS Windows 8.1
oracle バージョン 12c
oracle エディション Enterprise Edition

インストーラの入手

Enterprise Editionのインストーラは下記サイトから入手出来ます。※oracle.comのユーザー登録とOTNライセンスの同意が必要です。
oracle Database 12c Enterprise Edition ダウンロード
 
また、oracleが出している、正式なインストレーションガイドは以下にあります。
oracle Database 12c Enterprise Edition インストレーション・ガイド

インストール手順

インストーラを起動し、質問に答えながら進むだけですが、細かい注意点などを含めながら、各ステップをご説明していきたいと思います。
 

手順1.databaseフォルダを統合

ダウンロードしたzipファイル2つを解凍し、2つのdatabaseフォルダを統合します。※統合後に実行しないと、インストール開始後にエラーが発生するので注意してください。

手順2.setup.exeの実行

手順1で結合したdatabaseフォルダの中にあるsetup.exeを実行します。

  1. セキュリティについての通知を受け取るメールアドレスを登録します。
    今回は通知不要なのでチェックを外し、アドレスを未入力のまま次へ進みます。
    ※企業などでご利用の場合は、必ず入力してください。
     
    oracle_1
     
  2. メールアドレスが未入力の場合、警告が表示されます。
    そのまま「はい」でインストールを継続します。
     
    oracle_1_1
     
  3. 今回は新規で作成するので「データベースの作成および構成」にチェックし、次へ進みます。
     
    oracle_2
     
  4. 今回は最小限の構成でインストールするので「デスクトップ・クラス」にチェックし、次へ進みます。
    より高度な構成などを設定したい場合は「サーバー・クラス」にチェックしてください。
     
    oracle_3
     
  5. oracleの管理用に新規でWindowsのアカウントを作成します。
     
    oracle_4
     
  6. インストール先のフォルダなどを設定します。
    「プラガブル・データベース名」など、ここの情報は後々使用しますので控えておきます。
    ※管理パスワードは大文字、小文字、数字(0-9)を含む8文字以上が推奨されています。
     
    oracle_5
     
  7. 空き領域等の前提条件チェックです。
    ※警告が出るようであれば、警告内容を確認して解決後に再チェックします。
     
    oracle_6
     
  8. インストール開始前の最終確認画面です。
    設定に問題なければ「インストール」をクリックし、インストールを開始します。
     
    oracle_7
     
  9. ステップ8はインストールの進行状況画面なので、完了画面が表示されればインストールは完了です。
     
    oracle_8
     

まとめ

12cではマルチテナント・アーキテクチャという機能が追加され、プラガブル・データベースなどの考え方を理解する必要があります。
 
考え方を理解するためにも、実際にインストールして動きを確認していただければと思います。

feels recruit

TSUDUKI'S BLOG

都築の記事

都築の記事の最新情報をお届けいたします。

SAME CATEGORY BLOG

この記事と同様のカテゴリー記事

feelsでSFA・CRM
はじめました。
LOADING