AMG Solution

インパクトがすごい! 一度は食べたい沖縄の果物

 
どうもこんにちは。三宮です。

沖縄帰省のお土産で珍しい果物を食べる機会があったので、感想をまとめてみました。

スターフルーツ

DSC03295

見た目から味なんて想像できないですよね。
「かわいい形」これがみなさんも感じた率直な感想ではないでしょうか?

ものにもよりますが、だいたい500円~1000円で手に入れれるようですね。
旬な時期は11月~1月あたり。ただ、時期を外しても手に入ります。

食べ方は、星の尖った部分を削ぎ落とす。あとはお好きな大きさにザックリと。
カット後はこんな感じです。あらかわいい。

DSC03306

パクリ・・・。
少し強めの酸味の後にじわぁっと甘みがやってくる。
なんだ!?この後味の清々しさは。。。
敢えて例えるのであれば”りんご”に似た食感。そして”グレープフルーツ”に似た酸味。

サラダのアクセントとして使っても面白いかもしれないです。
料理のアレンジの可能性を感じさせる逸品です。

ピタヤ(ドラゴンフルーツ)

DSC03299

これは食べ物なのか・・・そう思わせる出で立ち。
色、形、威圧感。三拍子そろった見た目です。
街ですれ違ったならば、ドラゴンフルーツ”さん”と呼ばざるをえないですね。

正式名称は「ピタヤ」。
果皮がうろこ状に見えるのでドラゴンフルーツとも呼ばれています。
最近ではこちらの呼び方のほうが一般的なようです。

値段相場は1000円程度で、旬な時期は7~11月あたり。

食べ方は、縦に4当分に切って、皮を手でむきます。
皮はスルスルっと剥けてくれます。
断面はこんな感じです。

DSC03310

パクリ・・・。
柔らか目の果肉だがサクッとした歯ごたえ。酸味はなく程よい甘さが口の中を満たす。
黒いツブツブの食感もいいアクセント。
キウイの酸味を弱くして、食感にサクッと感を追加した感じ。

見た目と味とのGAPに、いい意味で裏切られました。

キーツマンゴー

DSC03293

写真では伝わりづらいですが、これ1kgほどあります。
その重さはスーパー等でよく見るマンゴー(アーウィン種)の2倍。おもてぇ・・・。

そして一番の驚きは値段。
この品種はなかなか手に入りづらいようで、一玉5000円程するようです。
時期は8月上旬〜8月下旬とかなり短め。幻のマンゴーという別名も持ち合わせています。

食べ方は通常のマンゴーと同じです。今回はおしゃれな「花切り」で頂きます。

パクリ・・・。
なめらかな舌触りから押し寄せてくる甘さ。マンゴーにありがちな繊維っぽさもなし。
外見の色からは想像できないインパクトを楽しめる。
後味はうざったくない、程よい甘さの余韻に浸れます。

値段に負けない旨さがそこにはある。

まとめ

DSC03320

今回は沖縄の果物3種類を紹介しました。
普段の生活では、なかなかお目にかかれない果物ですが美味しさは保証します。
皆さんも是非ご賞味あれ!

SANNOMIYA'S BLOG

三宮の記事

三宮の記事の最新情報をお届けいたします。

SAME CATEGORY BLOG

この記事と同様のカテゴリー記事

新卒採用
はじめました。
LOADING