AMG Solution

STSを使ってプロキシ経由でMavenをダウンロードする方法

こんにちは、堀部です。
 
CODEMATIC Java版でも使用しているMavenですが、リポジトリからライブラリやプラグインをダウンロードする際にプロキシを経由しているとそのままではダウンロードが行えません。
 
今回はSTSを使ってプロキシ経由でMavenリポジトリにアクセスする方法をご紹介します。

settings.xmlにプロキシの設定を行う

settings.xmlに以下の設定を行い、.m2フォルダに格納してください。
 
設定例:

 

項目 説明
id 一意の名前
active true
protocol httpsにするのを忘れずに
username 必要であれば設定する
password 必要であれば設定する
host プロキシサーバーのIPアドレス
port プロキシサーバーのポート番号
nonProxyHosts プロキシ経由にしたくないhostがあれば設定する

STSに設定情報を読み込ませる

STSから「ウィンドウ」メニュー > 「Maven」 > 「ユーザ設定」を開きます。ユーザ設定欄にsettings.xmlの格納場所を指定します。
 

 
 
次に「一般」 > 「ネットワーク接続」を開き、「アクティブ・プロバイダー」を”直接”に変更します。
 

 
 
これでプロキシ経由でMavenリポジトリへのアクセスが可能となります。
 
それではよいMavenライフを。

HORIBE'S BLOG

堀部光一の記事

堀部光一の記事の最新情報をお届けいたします。

SAME CATEGORY BLOG

この記事と同様のカテゴリー記事

マイナビ2019 採用エントリーはじめました。
LOADING