AMG Solution

簡単に異なるプラットフォームを連携できる、おすすめサービス IFTTT(イフト)

こんにちは、樋口です。
 
今回は、LINEやGmailなど多くのサービスを簡単に連携することができるプラットフォーム、IFTTT(イフト)についてご紹介します。IFTTT初心者の私が、これまで行ってきた作業をできるだけわかりやすく、ブログにまとめてみました。
 
第1回目は、IFTTTの簡単な説明とIFTTTのログインまでを説明していきます。

IFTTTとは

IFTTTとは、アプリやインターネット上のサービスなどを簡単に連携させることのできるプラットフォームのことです(TwitterやFacebook、Gmail、Instagram、Evernote、Dropboxなど)。
 
IFTTTは、以下の意味の頭文字をとっています。
 

『IF(もし)』『This(入力)』『Then(ならば)』『That(出力)』

  
IFTTTでは、サービスやアプリが特定の動作をしたときに、別のサービスやアプリに連携を行うことができます。また無料で利用でき、世界中の人達が作成した連携方法を確認することも可能です。

IFTTT対応サービス

IFTTTの対応(連携できる)サービスは、下記URLより確認してください。
IFTTT対応アプリ一覧
  
確認するとわかるように、IFTTTでは約400種類ものアプリと連携することができます(日本で使用できないものもあります)。

IFTTTログイン方法

IFTTTへのログインまでの設定は、下記手順で行っていきます。※今回は、Googleアカウントでのログインについて紹介します。
  
まず、以下のURLに遷移します。
IFTTT公式ページ
  

Continue with Googleボタン押下


  

Googleアカウント・パスワードの入力


 

– ログイン完了後画面


 
以上で、IFTTTへのログインは完了です。

まとめ

今回はここまでとなります。
 
次回は、Gmailのアクセス許可方法から、Webコールバック(HTTPプッシュAPI)の設定までを説明していきます。次のブログもぜひよろしくお願いします。

HIGUCHI'S BLOG

樋口一成の記事

樋口一成の記事の最新情報をお届けいたします。

SAME CATEGORY BLOG

この記事と同様のカテゴリー記事

マイナビ2019 採用エントリーはじめました。
LOADING