数字で見るAMG Solution

社員や事業内容、評価制度や歴史などAMG Solutionに関することを数字やグラフで視覚的に見ることができます。

2009
設立

設立14年目の企業です。10年以上の歴史を持ちながら、いまもなお改革を続け新たなことにチャレンジし続けています。

32.4
平均年齢

平均年齢は32歳です。10代で入社した実績もあります。20代で最初の役職に昇進する場合もあり、若い方が活躍している企業です。

20
平均残業時間

平均残業時間は20時間です。プロジェクトや時期により前後する場合はあります。定時後の時間は、プライベートに当てる人や部門活動を行う人など様々です。

10
平均年間有休消化日数

1年間の有給休暇取得日数の平均は、10日です。プロジェクトごとにスケジュールを調整して、有給休暇を取得しています。

男女比
男女比

男女比はグラフのとおりですが、特に性別で扱いに差はありません。
女性の役職者も25%を占めています。

理系文系
理系・文系・専門の比率

約4割の社員が文系もしくは理系以外の出身です。理系出身でも、学生時代から情報系の学部に通っていた人は、実は少数だったりします。

職種
職種

全社員の95%がエンジニアという比率になっています。社長もエンジニア出身で、営業も技術がわかる人が担当しています。

新卒比率
新卒の比率

2015年から新卒の採用が始まりました。全体の比率としては、中途採用のほうが多いですが、今後新卒採用が増えていく予定です。

未経験者の割合
未経験者の割合

入社時点で、プログラミング言語の経験者かどうかを表したグラフです。未経験者のほうが若干多いことからも分かるとおり、未経験からでも入社できます。

プログラム言語の種類
プログラム言語の種類

現時点でのプロジェクトで使用しているプログラミング言語の種類です。 Web系の言語が多く、Javaを使用したプロジェクトが非常に多いのが特徴です。またGo言語などの新しい言語でのプロジェクトも徐々に増えてきています。

評価制度のしくみと考え方

AMG Solution設立にあたり最も重視していたことは、エンジニアが働きやすいこと、評価されることです。 評価される基準がわからなければ、なにを目指すべきかわからず、モチベーションがあがらない、その結果成果があがらないというループに陥りがちです。

AMGが考える評価基準とはなにか。ここにAMGが考えるミッションとビジョンが反映されています。

評価の割合

評価の割合

評価の割合は専門性50%、人間性50%です。100点を半分ずつではなく、専門性100点、人間力100点で200点満点を目標とするイメージです。

よくある質問として技術(専門性)の評価が低いのではないかと言われることがあります。 しかしAMGが掲げているのは、仲間の笑顔であり、変化することで時代に選ばれる企業になることです。

企業は顧客にサービスを提供して、対価を頂いています。そのサービスとはただ単に依頼されたことを行うだけでは、継続することはできません。 顧客の業務やなにをもって収益をあげているのか、なにが課題なのかを把握して提供することではじめて継続した対価をいただけます。

そのためには、専門性を活かすための人間力が必須となります。

評価基準となるスキルマトリクス

評価の明確化のため、査定項目を5段階で評価し、数値化する仕組みです。役職別に目指すべき姿を評価項目とし、自己評価と上長評価を見える化され、公平な評価をできるようになっています。

評価項目と定義の他に、評価基準が明記されているため、何が評価され、何を改善すればよいのかが一目でわかるマトリクス表となっています。
自己評価と上長評価を合わせて、点数が決まり、その点数が人事考課に反映される仕組みです。

スキルマトリクスの効果

評価基準によって正確に評価してもらえる

評価項目が5段階にわけられていて、評価基準も明記されているので、自分が今どの段階にいるのか、納得した上で正しく評価してもらえます。

役職ごとに評価項目の重みづけがされている

役職ごとに評価項目の重みづけがされているため、各役職で求められている基本的な役割・能力が明確化されています。自分がどこを強化していけば、上の役職を目指すことができるのかが明確にわかります。

自分がやるべきことがわかる

スキルマトリクスは、ただ5段階で点数を付けるだけではありません。自分で付けた点数について、コメントを記入する欄が各評価項目毎に設けられています。こんな行動ができた、こういう場面で行動できなかった等、具体例を挙げて点数の理由付けをします。
これにより、自分の行動を振り返ることが出来、これからやるべきことを導き出すことが出来ます。

HISTORY

2009年7月 株式会社AMG Solution設立
2012年1月 神奈川県川崎市幸区から 東京都港区東新橋に移転
2012年10月 システムエンジニア能力診断のサービスを開始
2014年4月 CODEMATICの代理店販売を開始
2015年7月 PHP認定ゴールドインテグレーターに参加
2015年8月 第一回おやこもの作りたいけん開催
2012年10月 CODEMATIC Java版 ver1.0をリリース
2017年7月 本社を東新橋から虎ノ門へ移転
2019年9月 大分オフィスが開設
2019年10月 2037年計画が発表
2020年3月 東京都港区東新橋から 東京都中央区東日本橋に移転
2020年4月 feels リリース
2021年4月 feels バージョン2.0.0アップデート(SFA/CRM機能追加)

オフィスギャラリー